生漢煎とツムラ62を徹底比較!【防風通聖散の効果とコスパをチェック】

生漢煎とツムラ62を徹底比較!【防風通聖散の効果とコスパをチェック】

生漢煎とツムラ62は、防風通聖散の中でも人気の高い漢方薬です。特に、ツムラ62の医療用は、防風通聖散の漢方メーカーとして知名度、業界ともにトップに君臨する漢方薬です。

 

まさに、防風通聖散の王者といったところではないでしょうか。

ツムラ62は医療用と一般用の2種類ある

ツムラ漢方防風通聖散には、医療用と一般用の2つに分かれます。医療用は、病院で処方されるもので、一般用は、アマゾンや楽天で購入できるものです。大きな違いは、中身の処方量です。約2倍医療用の方が多いことが分ります。

 

分類 処方量 購入

商品

ツムラ62医療用 満量 病院での診察後、医師の処方 ツムラ62医療
ツムラ62一般用 1/2処方(満量の半分) Amazon、楽天等のネット購入 ツムラ62一般

ツムラ62医療用は病院で処方される

ツムラ62医療用は、肥満や肥満症の治療でも使うお薬です。そのため、病院で医師の診察が必要になってきます。

 

病院に行けば、ツムラ62を処方してもらえる?

病院では、医師の診察の結果によって、ツムラ62を処方するかしないかが決まります。ですので、ダイエット目的で処方をお願いすることは出来ません。もし、おこなってしまうと健康保険詐欺になってしまうので、注意しましょう。

 

診察のみで処方されずに終わることもある

病院に行き診察の結果、ツムラ62は処方されないことは特段珍しいことではありません。期待して行ってしまうと、初診料だけ取られてしまいます。

 

ツムラ62が処方されても1回の診察で1ヶ月分程度

診察の結果、ツムラ62が処方された場合、経過観察も必要になることから、長くて2週間、1ヶ月程度です。3か月間まとめて処方してもらうことは期待すべきではないでしょう。

ツムラ62一般用は通販で購入できる

ツムラ62は、アマゾンや楽天などの通販で購入することができます。また、3ヶ月分のまとめ買いもすることができます。ただ、一般用は、医療用の半分の処方量しかありません。

 

ツムラ62医療用と生漢煎の違い

ここからは、ツムラ62医療用、ツムラ62一般用、生漢煎の3つの商品の生薬の処方量を比較してみます。以下を見て分る通り、生漢煎の方が原生薬量が若干多く使っていることが分ります。

 

ちなみに、生薬の1つである硫酸ナトリウムは、腸内の働きを活発化させる成分です。ここが違うだけで、後は全て同じです。

生漢煎とツムラ62医療量とツムラ62の成分量比較

よって、ツムラ62医療用とほぼ同格レベルなのが、生漢煎だと分かります。効果・効能は、生薬で見る限り同格だと分かります。

 

実は、防風通聖散には、小林製薬のナイシトール、ロート製薬の和漢箋、クラシエのコッコアポなど多くの企業が商品を出していますが、ツムラ62に一番近いのが、生漢煎です。

 

ツムラ62医療用と同じレベルを求めるなら生漢煎。しかも、生漢煎は通販で購入できお買得!

生漢煎がドラッグストアの商品よりおすすめの理由

ツムラ62とほぼ同じ生漢煎ですが、ドラッグストアの防風通聖散の商品よりおすすめの理由をご紹介します。

体内への吸収スピード

ツムラ62は、医療用の防風通聖散ですが、特徴的なのが、顆粒になっているということです。錠剤じゃないんです。

 

防風通聖散の飲むタイミングは、こちらに詳しく書いていますが、一般的には、食前の30分前を推奨しています。つまり、空腹時のタイミングを狙って摂取するわけです。なぜ、空腹時が良いかというと、吸収力が一番高いタイミングだからです。

 

では、薬はどちらの形状のものが一番体内に吸収するスピードが早いか? 錠剤 or 顆粒?

 

答えは、顆粒です。錠剤は、コーティング剤で覆われており、スピードが落ちるんです。顆粒はその点、細かい粒なので、吸収スピードが早いわけです。だから、ツムラ62は、顆粒で作られています。

 

実は、生漢煎も顆粒なんです。満量処方で顆粒の商品は、生漢煎しかありません。では、なぜ、ここまで、生漢煎は、ツムラ62医療用に近いものが作れるのか?

国内最大の調剤薬局が作っている安心感

実は、この生漢煎を販売しているのは、製薬会社ではありません。調剤薬局です。

 

調剤薬局は、ドラッグストア(マツキヨ、ツルハなど)、ドンキなどと違って、日用品は置いてませんよね。調剤薬局は、基本的に、薬剤師しかいません。薬の専門家ばかりです。

 

ですので、多くは大学病院や総合病院の前に建っています。なので、あまり知名度は高くないかもしれません。

 

ただ、調剤薬局の規模は、国内最大級です。調剤薬局なので、ツムラ、小林製薬、ロート、クラシエなど製薬メーカーの薬は全て知り尽くしています。当然、ツムラ62も詳しいでしょう。

 

つまり、生漢煎は、各製薬メーカーの薬に詳しい国内最大級の調剤薬局が作った商品なんです。

生漢煎の価格の安さ(なぜ、他のメーカーより安い?)

生漢煎は、恐らく、知名度的には、高くないはずです。どちらかというと、有名なのは、クラシエのコッコアポや小林製薬のナイシトールでしょう。CMで流れています。

 

ツムラ62も同じく、CMをやっているわけではありません。多くは病院で肥満治療として使われていることを知ったり、知人から聞いたりといったことの方が多いのではないでしょうか。

 

もちろん、医療用なので、その効果はご存じかもしれませんね。

 

また、生漢煎はツムラ62と同様に、テレビのCMや広告はほとんどしていません。言い方を変えると、広告にかかる費用や小売店に置くための人件費、在庫管理費等がないため、商品をより安く提供できるのです。

 

知名度を上げるための費用

・薬を店舗に置く管理費
・ドラッグストアでの人件費
・仲介業者の手数料
・テレビ広告費(数億円)
・雑誌、街頭広告費
etc・・・

 

ネット販売するための出店費用

・アマゾンへの出店管理費用
・楽天への出店管理費用

生漢煎のデメリットは、知名度があまり高くない点です。その分、価格は安く、品質も高いわけです。ムダを完全にそぎ落とした防風通聖散と言えるのではないでしょうか。

 

生漢煎は、ツムラ62医療用とほぼ同じ。通販で唯一定期購入も可能な防風通聖散。

 

生漢煎はこんな方に向いている

生漢煎は、ツムラ62と同レベルの漢方薬です。そのため、効果も高いです。ただ、医師の指導があるわけではないため、ただ、飲めば痩せると思って摂取してしまうと、上手くダイエットができないこともあります。

 

また、防風通聖散は、ダイエットサプリと比較されることもありますが、ダイエットサプリは、食品です。ツムラ62は、お薬です。しかも、病院で保険適応にもなっているお薬です。つまり、法律上の扱いも違えば、効果も全く違うわけです。

 

ですので、ダイエット目的で飲む場合は、生漢煎をどう使うのか、使い方を知らないと、宝の持ち腐れ、期待外れの結果で終わります。

生漢煎の使い方

生漢煎の使い方は、もちろん飲むわけですが、単に飲むだけでは、大きなダイエット効果は期待できません。

 

一番確実に痩せられるのは、ダイエット外来で行っている手法を取り入れることです。(ダイエット外来は、基本的に、BMI35以上でなければ、保険適用されません。)

ダイエット外来で行っている主なメニュー

・糖質制限食を学ぶ
・1日400g以上の野菜を取る
・食べる順番を意識する。
・食事をする時の食べ物を噛むトレーニング
・有酸素運動(ウォーキング、水泳など)取り入れる
・体重を毎日計る

ダイエット外来でおこなっている内容は、特別なことではありません。どちらかというと、過去にダイエットの経験のある方なら、一度は試したことのある内容も多くあります。

 

ですので、過去にダイエット経験があるのであれば、出来るものから取り入れていくのが良いでしょう。防風通聖散は、このような取り組みをおこなうことで基礎代謝をアップしてくれます。

 

つまり、同じことをやっても、防風通聖散を飲んだ方が効率よくダイエットに成功できるということです。

生漢煎で痩せる仕組み

生漢煎は、基礎代謝をアップするため、筋力を付けることで更に代謝がアップします。ダイエットを続けることで、摂取カロリーも全体的に落ち、軽い運動でも基礎代謝が効率よくできるため、より太りにくい体質に変わってきます。
防風通聖散

 

生漢煎がおすすめの方

生漢煎がおすすめの方は、以下の方です。

生漢煎がおすすめの方
  • ツムラ62医療用レベルのものを通販で購入したい方
  • 自分の責任で飲み方を管理できる方
  • 満量処方の漢方薬の中で安いものを探している方
  • どうしてもダイエットしたい方
  • 安心できるメーカーの商品を探している方
  • 知名度より薬の質・価格を重視している方
  • リバウンドのないダイエットをしたい方

生漢煎

>>生漢煎をもっと詳しくみる<<

生漢煎 防風通聖散を購入する前に絶対に知っておきたいポイント

生漢煎 防風通聖散を購入する前に知っておいた方が良いポイントをご紹介します。

 

生漢煎とツムラ62を徹底比較!【防風通聖散の効果とコスパをチェック】

病院で処方される防風通聖散。その代表的なものがツムラ62医療用です。これは、ドラッグストアや通販(楽天、アマゾンなど)で購入出来る「ツムラ62一般用」の2倍の処方量です。医療用なので、医師の指導のもと飲むため、痩せることができます。ここでは、そのツムラ62医療用と生漢煎の違いをズバリ、生薬レベルまで細かく比較し、ご紹介します。
・・・続きを読む

 

生漢煎 防風通聖散の口コミ・評判の調査結果【痩せる人と痩せない人の違いとは?】

生漢煎の口コミ・評判の調査から見えてきたダイエットに失敗する人と成功する人の違いをご紹介します。漢方ダイエットで成功するための秘訣をご紹介します。
・・・続きを読む

 

生漢煎 防風通聖散はドラッグストアで購入は?【マツキヨ・ツルハ・ウエルシアなど】

生漢煎を買うなら、近くにあるドラッグストアで買いたいという方もいるのではないでしょうか。最近は、マツモトキヨシやディスカウントストアのドンキなどでも買える薬は増えてきました。ここでは、生漢煎がドラッグストアで購入できるのかを全国のドラッグストア、ディスカウントストアを調査してみた結果をご紹介します。
・・・続きを読む

 

防風通聖散 生漢煎の効果は?【ブログ調査から見た痩せた人と痩せない人の理由!】

生漢煎の口コミから見えるダイエットを成功させる秘訣とは?どんな飲み方、ペースで飲んでいるのか?失敗した人とは何が違うのかひも解きます。ぜひ、購入する前には読んでおいてくださいね♪
・・・続きを読む

 

生漢煎の効果的な飲み方と飲み合わせ【副作用の注意点】

生漢煎で痩せるためには、効果的な飲み方と飲んではいけない飲み合わせがあります。生漢煎はダイエットサプリとは異なり、効果がある反面、副作用にも注意が必要です。ここでは、どんな副作用に注意しなければならないのか、上手に生漢煎を飲む方法もご紹介します。
・・・続きを読む

 

生漢煎とコッコアポEXを徹底比較!

生漢煎とコッコアポEXのどっちを購入しようかと迷うこともあるのではないでしょうか。ここでは、アインファーマシーズの生漢煎、クラシエのコッコアポEXを中心に成分量や価格面などを比較しながらご紹介します。
・・・続きを読む

 

ナイシトールZ 生漢煎を徹底比較!

小林製薬のナイシトールZは、ドラッグストア・楽天・アマゾンで手軽に購入できます。非常に人気のある防風通聖散です。ここでは、生漢煎とナイシトールZの違い、コスパなどを比較しながらご紹介します。
・・・続きを読む

page top