ナイシトールZ 生漢煎を徹底比較!【ドラッグストアで購入前にチェックしておきたいポイント】

ナイシトールZ 生漢煎を徹底比較!

 

生漢煎とナイシトールZの痩せる効果

生漢煎とナイシトールz比較

ナイシトールZと生漢煎は同じ防風通聖散

ナイシトールZと生漢煎は、同じ漢方薬である防風通聖散です。防風通聖散は、宣明論と呼ばれる漢方の古典に登場してくる漢方薬です。その生薬は全部で18種類から成り、ダイエット効果だけではなく、便秘やむくみ対策として飲む方も多いのが特徴です。

防風通聖散に含まれる生薬ってどんなのがある?

当帰(とうき)、芍薬(しゃくやく)、川キュウ(せんきゅう)、山梔子(さんしし)、連翹(れんぎょう)、薄荷(はっか)、生姜(しょうきょう)、荊芥(けいがい)、防風(ぼうふう)、麻黄(まおう)、大黄(だいおう)、黄ゴン(おうごん)、甘草(かんぞう)、石膏(せっこう)、滑石(かっせき)、芒硝(ぼうしょう)、白朮(びゃくじゅつ)、桔梗(ききょう)

 

ナイシトールZと生漢煎は医薬品

ナイシトールZと生漢煎は、第2類医薬品です。そのため、ダイエットサプリとは異なり、効果・効能については、各メーカーで研究も進んでいます。

 

例えば、使用している防風通聖散の効果としては、メタボ対策として使う人も多くいます。

脂肪も年齢と共に年をとる

・脂肪を溜める組織の老化⇒脂肪の分解力が落ちる。
・脂肪を燃焼する組織の老化⇒脂肪を燃やす力が落ちる。

 

年齢と共に脂肪が付きやすくなる働き

・蓄積された脂肪の分解能力をアップする。
・分解された脂肪の燃焼力をアップする。

ナイシトールZと生漢煎の販売者って?

生漢煎は、国内最大級の調剤薬局チェーン店です。また、小林製薬は、「あっ、小林製薬」というCMで見たことがある人は多いかもしれません。ですので、販売者は、「調剤薬局」と「製薬メーカー」の違いということになります

項目名1 販売元 備考
生漢煎 アインファーマシーズ 上場:国内最大の調剤薬局
ナイシトールZ錠 小林製薬 上場:CMでおなじみ

 

ナイシトールZと生漢煎が対象の方

ナイシトールZと生漢煎は、以下の方がおすすめです。日本では、肥満の基準がBMIが25以上されています。ですので、肥満に該当する場合は、ナイシトールZまたは、生漢煎を試しましょう。

BMI(肥満指数)の計算は、以下の通りです。

 

BMI=体重(Kg)÷身長(m)÷身長(m)

 

以下のグラフは、左側が男性、右側が女性です。そして、男性は、40代から60代は3人に1人は肥満に該当しています。また、女性も、40代以降は、約5人に1人が肥満だと分かります。

肥満者の割合 厚生労働省

出典元:平成28年「国民健康・栄養調査」

 

肥満は、単なる見かけやスタイルの問題だけではなく、肥満からメタボリックシンドロームになる可能性も十分秘めています。メタボリックシンドロームは、ウエストサイズが、以下に該当すると、メタボリックシンドロームです。

 

 

メタボリックシンドロームの診断基準

必須項目+選択項目(3つのうち、2項目以上)あるとメタボに該当します。

項目 条件
必須項目 ウエスト

男性≧85cm
女性≧90cm

選択項目

高トリグリセリド血症 かつ/または
低HDコレステロール血症

≧150mg/dL
<40mg/dL

選択項目

収縮期(最大)血圧 かつ/または
拡張期(最小)血圧

≧130mmHg
≧85mmHg

選択項目 空腹時高血糖 ≧110mg/dL

メタボリックシンドロームは、生活習慣病の一つ心筋梗塞を引き起こす可能性があります。心筋梗塞は、ガンに次いで死亡者数も多い病気です。ですので、体質改善はしていくべきでしょう。

ナイシトールZと生漢煎の副作用が気になる方の対処法の比較

 

お薬の形が重要

防風通聖散の形には、錠剤・顆粒など粒の大きさが異なっています。ここでは、副作用が気になる方は、どのような飲み方をしたら良いのか一つご紹介します

 

飲む分量を調整できるタイプのものを選ぶ。

副作用が起こりやすい原因として、一度に多くの生薬を体内に入れてしまうことがあります。カラダが受け付けない可能性もあるため、副作用が気になる場合は、処方量を最初から守っていっぺんに飲むのではなく、少し量を減らす工夫ができるものを選びましょう。

 

特に、薬剤師や医師の指導がなく、個人で飲む場合は、副作用のことも想定しておかなければなりません。自分の体調に合っているのか、最初にパッチテスト的な飲み方をしましょう。

 

例えば、
・ナイシトールZであれば、1回5錠ですが、1錠にする。
・生漢煎であれば、1包ではなく、3分の1程度など少量にすることもできます。

 

特に、生漢煎のような顆粒タイプは、その調整量が幾らでも調整がきくため、慎重に飲みたい方は、チェックしておきましょう。

 

ナイシトールZと生漢煎の原生薬量と価格を比較

 

原生薬量の違いは?

生漢煎とナイシトールZは、同じ防風通聖散という漢方薬ですが、薬を作るための材料の量が異なるケースもあります。これを原生薬量といいます。ナイシトールシリーズの中でも高いZの原生薬量は、生漢煎と同じだと分ります。

商品名 原生薬量 処方量
生漢煎 27.1g 満量処方
ナイシトールZ錠 27.1g 満量処方

有効成分量の違いは?

有効成分量は、生漢煎が4500mg、ナイシトールZが5000mgと、生漢煎の方が多いことが分ります。ただ、原生薬量と有効成分のどちらを優先してチェックすれば良いかというと、原生薬量です。

 

同じ原生薬量であっても、実は加工・抽出の過程で、有効成分量が変わってしまうことがあるからです。ですので、有効成分量は参考値として捉えておきましょう。原生薬と有効成分量の違いは、ココで解説してます。

 

価格で比較してみると?

生漢煎とナイシトールZを比較すると、1日当たりのコスパは、生漢煎の方がお買得です。

商品名 1日当たりの価格
生漢煎 1日:130円
ナイシトールZ 1日:207円 【Amazon最安値 4,349円(315錠)で計算】

生漢煎とナイシトールZの価格・処方量

ナイシトールZと生漢煎の継続のしやすさを比較

 

なぜ、継続しやすさが大事なのか?

生漢煎とナイシトールZは、漢方薬「防風通聖散」です。漢方なので、急激に痩せるような、ダイエットではありません。どちらかというと、数ヶ月単位で徐々に体質改善をしていく形です。

 

ですので、防風通聖散を使う場合は、3ヶ月、4ヶ月程度の継続した期間を想定しておいた方が良いでしょう。そのためには、継続のしやすさ、飲み易さなども重要です。

 

ここからは、生漢煎とナイシトールZの比較をみていきましょう。

 

生漢煎の継続のしやすさ

 

購入方法

生漢煎は、ドラッグストアでは販売されておらず、唯一公式の通販サイトからのみ購入できます。その中でも定期購入は、買い忘れがないため、コンスタントに摂取することができます。

 

飲み忘れ

生漢煎を定期便で購入すると、飲み忘れ防止カレンダーがプレゼントで付いてきます。これは毎日、飲んだかチェックできる上、体重の変化などを記入できることからモチベーションアップにも貢献してくれます。

 

外出時の手軽さ

特に、日中帯は、会社で仕事をしているという方は、持ち運び性も重視しておきたい所です。生漢煎は、1包づつパッケージ化されているので、ポケットに入れておくこともできます。

 

ナイシトールZの継続のしやすさ

 

購入方法

ナイシトールZは、楽天、アマゾン、ドラッグストアなどで販売されています。ですので、店舗によって価格変動が出てきます。そのため、どうしても安く買おうと思ったら、購入のたびに価格比較が必要になってきます。また、見つかったとしても必ずしも、在庫があるとは限りません。

 

飲み忘れ

1回で摂取する量は、5錠と多いです。もちろん、これを飲むだけでも大変ですが、万が一飲んだこと自体を忘れてしまった場合は、1日の摂取量を大幅に超えてしまう可能性も十分ありあます。当然、このような飲み方になってしまうと、副作用がないとも限りません。

 

外出時の手軽さ

外出時は、瓶のまま持ち運ぶことはないと思いますので、サプリケースなどに入れ替える方が多いのではないでしょうか。ただ、外出先で飲むとなると、毎日手で移し替えなければなりません。衛生上も良いとも言い切れません。

 

ナイシトールZと生漢煎の飲みやすさで比較

 

継続性はダイエット成功にもつながる

防風通聖散は、毎日継続して飲むことになるため、いかに飲みやすいものを選ぶことが出来るかという点もダイエットの成功の1つの要因になります。ここでは、それぞれの商品のメリットとデメリットをご紹介します。

 

生漢煎のメリットとデメリット

 

メリット

・1回1包なので、分かりやすい。
・飲み忘れがないよう、防止カレンダーが付いているので安心。
・外出時は、手が汚れていても、包装されているため清潔に手軽に飲める。
・形が顆粒のため、吸収スピードは、医療用と同じ。

 

デメリット

・漢方の臭いが気になる方は、工夫が必要。
・慣れると気にならなくなる。
⇒気になる場合は、オブラート、服薬ゼリーなどの方法もあり。

 

ナイシトールZのメリットとデメリット

 

メリット

・満量処方であり、ドラッグストアなどで手軽に買うことができる。

 

デメリット

・1回で飲む量が5錠と多い。これを毎日3回飲む必要がある。
・錠剤なので、1日15錠を飲むため、錠剤に慣れていないと厳しい。

 

ナイシトールZと生漢煎の効果を比較

 

痩せる・痩せないの効果にも影響しやすい

生漢煎とナイシトールZの処方量と剤形の関係

 

吸収スピード

防風通聖散は、基本的に食前の30分前、食後の2時間後が一般的な飲み方です。特に、この時間帯は、空腹のため、体内に吸収しやすいからです。その吸収のしやすさという視点でみると、剤形によってはやりスピードが異なります。

 

生漢煎とナイシトールZの違いは、顆粒か錠剤かの違いです。この場合、顆粒の方が吸収スピードが早いのです。また、医療用のツムラ62も顆粒を採用しています。

 

処方量の違い

処方量は、生漢煎、ナイシトールZともに満量処方となっています。効き目という点では、ともに効果は高いと言えるでしょう。

 

ナイシトールZと生漢煎の比較まとめ

生漢煎とナイシトールZは、同じ防風通聖散の漢方薬ですが、購入方法、価格、薬の形が異なることが分りました。

 

ただ、何よりも大事なのは、ダイエットを成功させるための継続性です。つまり、継続しやすいものを選べば、半分は成功したようなものです。特に、防風通聖散は、漢方であり、体質を改善していくものです。即効性があるわけではありません。

 

言い換えると、痩せること以上に、体質改善することで、減量し、太らない体質にするダイエット法です。ですので、リバウンドがほぼないダイエット法なんです。

 

その証に、ダイエット外来では、このを防風通聖散を使用してダイエットしています。ダイエットを成功させるためには、ダイエットしやすい環境を作ることが大切です。

 

ぜひ、自分にマッチした防風通聖散を選びましょう♪

 

生漢煎 防風通聖散

 

公式サイトはコチラ

https://ainz-tulpe.com/

生漢煎 防風通聖散を購入する前に絶対に知っておきたいポイント

生漢煎 防風通聖散を購入する前に知っておいた方が良いポイントをご紹介します。

 

生漢煎とツムラ62を徹底比較!【防風通聖散の効果とコスパをチェック】

病院で処方される防風通聖散。その代表的なものがツムラ62医療用です。これは、ドラッグストアや通販(楽天、アマゾンなど)で購入出来る「ツムラ62一般用」の2倍の処方量です。医療用なので、医師の指導のもと飲むため、痩せることができます。ここでは、そのツムラ62医療用と生漢煎の違いをズバリ、生薬レベルまで細かく比較し、ご紹介します。
・・・続きを読む

 

生漢煎 防風通聖散の口コミ・評判の調査結果【痩せる人と痩せない人の違いとは?】

生漢煎の口コミ・評判の調査から見えてきたダイエットに失敗する人と成功する人の違いをご紹介します。漢方ダイエットで成功するための秘訣をご紹介します。
・・・続きを読む

 

生漢煎 防風通聖散はドラッグストアで購入は?【マツキヨ・ツルハ・ウエルシアなど】

生漢煎を買うなら、近くにあるドラッグストアで買いたいという方もいるのではないでしょうか。最近は、マツモトキヨシやディスカウントストアのドンキなどでも買える薬は増えてきました。ここでは、生漢煎がドラッグストアで購入できるのかを全国のドラッグストア、ディスカウントストアを調査してみた結果をご紹介します。
・・・続きを読む

 

防風通聖散 生漢煎の効果は?【ブログ調査から見た痩せた人と痩せない人の理由!】

生漢煎の口コミから見えるダイエットを成功させる秘訣とは?どんな飲み方、ペースで飲んでいるのか?失敗した人とは何が違うのかひも解きます。ぜひ、購入する前には読んでおいてくださいね♪
・・・続きを読む

 

生漢煎の効果的な飲み方と飲み合わせ【副作用の注意点】

生漢煎で痩せるためには、効果的な飲み方と飲んではいけない飲み合わせがあります。生漢煎はダイエットサプリとは異なり、効果がある反面、副作用にも注意が必要です。ここでは、上手に生漢煎を飲む方法をご紹介します。
・・・続きを読む

 

生漢煎とコッコアポEXを徹底比較!

生漢煎とコッコアポEXのどっちを購入しようかと迷うこともあるのではないでしょうか。ここでは、アインファーマシーズの生漢煎、クラシエのコッコアポEXを中心に成分量や価格面などを比較しながらご紹介します。
・・・続きを読む

 

ナイシトールZ 生漢煎を徹底比較!

小林製薬のナイシトールZは、ドラッグストア・楽天・アマゾンで手軽に購入できます。非常に人気のある防風通聖散です。ここでは、生漢煎とナイシトールZの違い、コスパなどを比較しながらご紹介します。
・・・続きを読む

page top