生漢煎とコッコアポEXを徹底比較!【購入前にチェックすべきポイント解説】

生漢煎とコッコアポEXを徹底比較!

生漢煎とコッコアポEXの痩せる効果

生漢煎とコッコアポEX比較

生漢煎とコッコアポEXは、共にダイエット漢方として人気を分ける存在ですよね。ここでは、共通点、そして違いをご紹介していきます。どちらを購入すれば良いかどうしても迷った時に、参考にしてみてくださいね♪

生漢煎とコッコアポEXは同じ漢方薬

生漢煎とコッコアポEXは、同じ防風通聖散という「漢方薬」です。漢方ダイエットの横綱的な存在です。防風通聖散は、18種類の生薬から作られ、ダイエット効果だけではなく、便秘やむくみ対策として飲む方も多いのが特徴です。

防風通聖散に含まれる生薬ってどんなのがある?

当帰(とうき)、芍薬(しゃくやく)、川キュウ(せんきゅう)、山梔子(さんしし)、連翹(れんぎょう)、薄荷(はっか)、生姜(しょうきょう)、荊芥(けいがい)、防風(ぼうふう)、麻黄(まおう)、大黄(だいおう)、黄ゴン(おうごん)、甘草(かんぞう)、石膏(せっこう)、滑石(かっせき)、芒硝(ぼうしょう)、白朮(びゃくじゅつ)、桔梗(ききょう)

生漢煎とコッコアポEXは医薬品

生漢煎とコッコアポEXは、第2類医薬品です。そのため、ダイエットサプリとは異なり、効果・効能については、各メーカーで研究も進んでいます。

 

例えば、使用している防風通聖散の効果としては、ダイエット対策には嬉しい効果があります。

防風通聖散の効果

・糖や脂肪の吸引を抑制
・糖尿病の原因となるインスリン抵抗性を改善
・脂肪の合成を抑制
・脂肪を分解を促進
・脂肪の燃焼を促進
⇒肥満になりにくい体質へ

生漢煎とコッコアポEXの販売者って?

生漢煎は、国内最大級の調剤薬局チェーン店です。また、クラシエは、旧カネボウグループですので、CMで見たことがある人は多いかもしれません。ですので、販売者は、「調剤薬局」と「製薬メーカー」の違いということになります

項目名1 販売元 備考
生漢煎 アインファーマシーズ 上場:調剤薬局業界第一位
コッコアポEX錠 クラシエ製薬 上場:旧カネボウグループ

生漢煎とコッコアポEXが対象の方

生漢煎とコッコアポEXは、以下の方がおすすめです。例えば、コンビニで以下のものを買ってしまいがちな方。そして、それ程、食べていないのに、お腹周りの肉付きが良くなってきた方も対象です。

お菓子・デザート

ケーキ

・クリームインパイシュー 706Kcal
・ビッグデニッシュドーナツ 523Kcal
・スイスロールバニラ 643Kcal
・ナイススティック 471Kcal
・メロンパン 530Kcal
・アップルパイ 526Kcal
・ブラックサンダー 115Kcal
・ピルクル 338Kcal
・きのこの山 453Kcal
・カラムーチョ 528Kcal

 

お弁当

弁当

・鶏めし・みぞれチキンカツ弁当 947Kcal
・のり弁当 782Kcal
・タルタルチキンななbン弁当 800Kcal
・からあげ弁当 772Kcal
・ミックスグリルプレート 735Kcal
・牛カルビ弁当 780Kcal
・ハンバーグ弁当 850Kcal
・ロースカツカレー 935Kcal
・しょうが焼き、チキンカツ弁当 1030Kcal
・炒飯チキン南蛮弁当 1044Kcal

いや〜、美味しそう・・。ここは我慢。。

 

人間のカラダって、余った脂肪を排出せず、溜めようとしちゃうんですよね。これは、カラダが内臓を保護しようとする働きなんです。そして、エネルギーをムダにせず、脂肪に変換するのです。また、こってりした味は、胃腸の働きを高めるため、余計に食欲が増してしまい、食べ過ぎをおこすこともあります。これが、便秘にもつながります。

 

生漢煎とコッコアポEXの副作用が気になる方の対処法の比較

お薬の形には、錠剤・顆粒など粒の大きさが異なっています。ここでは、副作用が気になる方は、どのような飲み方をしたら良いのか一つご紹介します。

 

飲む分量を細かく変更できるタイプのものを選ぶ。

副作用が起こりやすい原因として、一度にカラダに影響が出る程、摂取してしまうからです。確かに、飲み方は、1日〇回、1回〇錠などありますが、最初に副作用が気になる場合は、必ずしもこの通り飲む必要はありません。

 

特に、医師の指導の下で飲むケースではない場合は、カラダに副作用が気になることもあるでしょう。ですので、自分の体調に合っているのか、最初にパッチテスト的な飲み方がおすすめです。

 

例えば、
・コッコアポであれば、1回4錠ですが、1錠にする。
・生漢煎であれば、1包ではなく、10分の1程度など少量にすることもできます。

 

特に、生漢煎のような顆粒タイプは、その調整量が幾らでも調整がきくため、副作用が気になる方は、飲みやすいと思います。

 

生漢煎とコッコアポEXの原生薬量と価格を比較

ここからは、生漢煎とコッコアポの原生薬量、有効成分量、価格で比較してみましょう。

原生薬量の違いは?

生漢煎とコッコアポは、同じ防風通聖散という漢方薬ですが、薬を作るための材料の量が異なります。これを原生薬量といいます。原生薬量は、生漢煎の方が多いことが分ります。

商品名 原生薬量 処方量
生漢煎 27.10g 満量処方
コッコアポEX錠 15.87g 3/5処方

有効成分量の違いは?

有効成分量は、生漢煎が4500mg、コッコアポが3420mgと、生漢煎の方が多いことが分ります。ただ、原生薬量と有効成分のどちらを優先してチェックすれば良いかというと、原生薬量です。

 

同じ原生薬量であっても、実は加工・抽出の過程で、有効成分量が変わってしまうことがあるからです。ですので、有効成分量は参考値として捉えておきましょう。原生薬と有効成分量の違いは、ココで解説してます。

価格で比較してみると?

生漢煎とコッコアポを比較すると、1日当たりのコスパは、生漢煎の方がお買得です。

商品名 1日当たりの価格
生漢煎 1日:130円
コッコアポEX 1日:160円 【Amazon最安値 3,862円(144錠×2個)で計算】

生漢煎とコッコアポの価格・処方量

生漢煎とコッコアポEXの継続のしやすさを比較

ダイエットを成功させるためには、1ヶ月といった短期間ではなく、3ヶ月や6ヶ月といった長いスパンでみていった方が無理のないダイエットができます。ここからは、生漢煎とコッコアポEXの継続のしやすさの面で比較してみましょう。

なぜ、継続しやすさが大事なのか?

生漢煎とコッコアポは、漢方薬「防風通聖散」です。漢方なので、基本的には、体質改善をしていく流れになります。そのため、効果の実感できた方の口コミをみると、3ヶ月程かけて4キロ、5キロとダイエットに成功している人がやはり多いです。もちろん、数週間、1ヶ月で結果が出ている人もいますが、防風通聖散は、魔法の痩せ薬ではありません。

 

ですので、ある程度、継続期間が必要です。ただ、継続するとなると、途中、飲み忘れや途中で諦めてしまう人もいます。その意味では、ちょっとしたことかもしれませんが、継続のしやすい工夫が必要になってきます。ここからは、生漢煎とコッコアポのそれぞれの継続のしやすさをみていきましょう。

生漢煎の継続のしやすさ

 

購入方法

生漢煎は、通販の定期購入が用意されています。そのため、買い忘れがまずありません。また、アマゾンや楽天のように販売店によって価格差があると、意識が最安値ばかりに目がいくため、探している間に飲み忘れがおこる場合もあります。

 

飲み忘れ

生漢煎を定期便で購入すると、飲み忘れ防止カレンダーがプレゼントで付いてきます。これが付いてくると、毎日、飲んだかチェックできる上、体重の変化などモチベーションを維持することができます。

 

外出時の手軽さ

生漢煎を飲むタイミングは、1日3回あります。特に、日中帯、会社など外出している場合は、持ち歩きに便利なものの方が楽です。毎日ですので。生漢煎は、1包づつバッグに手軽に入れられるので、楽です。

 

コッコアポの継続のしやすさ

 

購入方法

コッコアポEXは、楽天、アマゾン、ドラッグストアなどで販売されています。ですので、価格変動がある中で少しでも安く買おうと思ったら、毎回比較が必要になってきます。また、必ずしも、在庫があるとは限りません。

 

飲み忘れ

1回で飲む錠数も4錠と多いため、飲み忘れや、いつ飲んだかはチェックしておかないと、1日の摂取量を大幅に超えてしまう、または、減ってしまう可能性もあります。当然、このような飲み方になってしまうと、副作用または、効果が期待できなくなるため、自己管理が必要です。

 

外出時の手軽さ

外出時は、1袋そのまま持っていくこともできますが、邪魔になることもあるでしょう。また、サプリケースに入れる場合は、毎回手で移し替える必要があります。

 

生漢煎とコッコアポEXの飲みやすさで比較

 

毎回飲むものなので、継続性にもつながる=痩せられる体制

防風通聖散は、毎日継続して飲むことになるため、いかに飲みやすいものを選ぶことが出来るかという点もダイエットの成功に影響します。ここでは、それぞれの商品のメリットとデメリットをご紹介します。

 

生漢煎のメリットとデメリット

 

メリット

・1回1包なので、分かりやすい。
・飲み忘れがないよう、防止カレンダーが付いているので安心。
・外出時は、手が汚れていても、包装されているため清潔に手軽に飲める。
・形が顆粒のため、吸収スピードは、医療用と同じ。

 

デメリット

・漢方の臭いが気になる方は、工夫が必要。
・慣れると気にならなくなる。
⇒気になる場合は、オブラート、服薬ゼリーなどの方法もあり。

 

コッコアポのメリットとデメリット

 

メリット

・臭いがほとんどないため、漢方が苦手な人に向いている。

 

デメリット

・1回で飲む量が4錠と多い。これを毎日3回飲む必要がある。
・錠剤なので、1日12錠を飲むため、中には途中で挫折する人もいる。
・フィルムコートされているため、吸収スピードは落ちる。
・コーティング剤で覆っているため、添加物は避けられない。

 

生漢煎とコッコアポEXの効果を比較

 

痩せる・痩せないの効果にも影響しやすい

生漢煎とコッコアポの処方量と剤形の関係

 

吸収スピード

防風通聖散は、基本的に食前の30分前、食後の2時間後が一般的な飲み方です。特に、この時間帯は、空腹のため、体内に吸収しやすいからです。その吸収のしやすさという視点でみると、剤形によってはやりスピードが異なります。

 

生漢煎とコッコアポの違いは、顆粒か錠剤かの違いです。この場合、顆粒の方が吸収スピードが早いのです。また、医療用のツムラ62も顆粒を採用しています。

 

処方量の違い

処方量は、生漢煎が最も高い満量、コッコアポが5分の3処方となっています。効き目という点では、満量の方が強く現れます。

 

生漢煎とコッコアポEXの比較まとめ

生漢煎とコッコアポは、同じ防風通聖散の漢方薬ですが、処方量と価格が異なることが分りました。

 

ただ、何よりも大事なのは、ダイエットを成功させるための継続性です。つまり、継続しやすいものを選べば、半分は成功したようなものです。特に、防風通聖散は、漢方であり、体質を改善していくものです。即効性があるわけではありません。

 

言い換えると、痩せること以上に、体質改善することで、減量し、太らない体質にするダイエット法です。ですので、リバウンドがほぼないダイエット法なんです。

 

その証に、ダイエット外来では、このを防風通聖散を使用してダイエットしています。ダイエットを成功させるためには、ダイエットしやすい環境を作ることが大切です。

 

ぜひ、自分にマッチした防風通聖散を選びましょう♪

 

生漢煎 防風通聖散

 

公式サイトはコチラ

https://ainz-tulpe.com/

生漢煎 防風通聖散を購入する前に絶対に知っておきたいポイント

生漢煎 防風通聖散を購入する前に知っておいた方が良いポイントをご紹介します。

 

生漢煎とツムラ62を徹底比較!【防風通聖散の効果とコスパをチェック】

病院で処方される防風通聖散。その代表的なものがツムラ62医療用です。これは、ドラッグストアや通販(楽天、アマゾンなど)で購入出来る「ツムラ62一般用」の2倍の処方量です。医療用なので、医師の指導のもと飲むため、痩せることができます。ここでは、そのツムラ62医療用と生漢煎の違いをズバリ、生薬レベルまで細かく比較し、ご紹介します。
・・・続きを読む

 

生漢煎 防風通聖散の口コミ・評判の調査結果【痩せる人と痩せない人の違いとは?】

生漢煎の口コミ・評判の調査から見えてきたダイエットに失敗する人と成功する人の違いをご紹介します。漢方ダイエットで成功するための秘訣をご紹介します。
・・・続きを読む

 

生漢煎 防風通聖散はドラッグストアで購入は?【マツキヨ・ツルハ・ウエルシアなど】

生漢煎を買うなら、近くにあるドラッグストアで買いたいという方もいるのではないでしょうか。最近は、マツモトキヨシやディスカウントストアのドンキなどでも買える薬は増えてきました。ここでは、生漢煎がドラッグストアで購入できるのかを全国のドラッグストア、ディスカウントストアを調査してみた結果をご紹介します。
・・・続きを読む

 

防風通聖散 生漢煎の効果は?【ブログ調査から見た痩せた人と痩せない人の理由!】

生漢煎の口コミから見えるダイエットを成功させる秘訣とは?どんな飲み方、ペースで飲んでいるのか?失敗した人とは何が違うのかひも解きます。ぜひ、購入する前には読んでおいてくださいね♪
・・・続きを読む

 

生漢煎の効果的な飲み方と飲み合わせ【副作用の注意点】

生漢煎で痩せるためには、効果的な飲み方と飲んではいけない飲み合わせがあります。生漢煎はダイエットサプリとは異なり、効果がある反面、副作用にも注意が必要です。ここでは、上手に生漢煎を飲む方法をご紹介します。
・・・続きを読む

 

生漢煎とコッコアポEXを徹底比較!

生漢煎とコッコアポEXのどっちを購入しようかと迷うこともあるのではないでしょうか。ここでは、アインファーマシーズの生漢煎、クラシエのコッコアポEXを中心に成分量や価格面などを比較しながらご紹介します。
・・・続きを読む

 

ナイシトールZ 生漢煎を徹底比較!

小林製薬のナイシトールZは、ドラッグストア・楽天・アマゾンで手軽に購入できます。非常に人気のある防風通聖散です。ここでは、生漢煎とナイシトールZの違い、コスパなどを比較しながらご紹介します。
・・・続きを読む

page top