防風通聖散とシボヘールを徹底比較!【ナイシトールとの違いやコスパは?】

防風通聖散とシボヘールを徹底比較!【基本的な選び方とおすすめポイント】

防風通聖散とシボヘール。両者はお腹周りのダイエットとして人気があります。ここでは、防風通聖散とシボヘールのどちらを選べば良いのかご紹介します。

 

防風通聖散とシボヘールって何が違う?

シボヘールと防風通聖散の違い

防風通聖散とシボヘールの違いは、医薬品かサプリメントかの違いです。ただ、シボヘールは、一般のダイエットサプリと異なり、機能性表示食品のため、科学的根拠に基づいた結果もあります。

対象 成分 分類
防風通聖散 18種類の生薬 医薬品(漢方薬)
シボヘール 葛の花由来イソフラボン 機能性表示食品

※防風通聖散は、漢方薬の名称です。商品には、小林製薬のナイシトール新・ロート防風通聖散錠満量クラシエ コッコアポなどがあります。

 

防風通聖散の効果は?

防風通聖散は、18種類の生薬で構成された漢方薬です。主な効果としては、以下があります。

 

脂肪燃焼効果

防風通聖散は、お腹の脂肪(内臓脂肪、皮下脂肪)を落とし、排出する機能を持っています。

1.脂肪細胞を活性化し、お腹の脂肪を分解し、燃焼する。
2.食事等で入ってきた脂質の吸収を抑制する。
3.余った脂質を便と一緒に押し出す効果。

 

防風通聖散の発汗作用効果

防風通聖散には18種類の生薬が配合されていますが、発汗作用のある生薬も多くあります。例えば、防風(ぼうふう)は、発汗、解熱、鎮痛作業があり、麻黄(まおう)は、発汗、利水、鎮咳の作用、生姜(しょうきょう)は、発汗、健胃(けんい:丈夫な胃)の作業があります。

 

水分代謝のリサイクルを正常にし、むくみ(水腫)解消効果

防風通聖散の口コミで多い内容の一つにむくみが解消されたという変化です。特に1ヶ月以内でその実感が得られる方が多いです。むくみを解消する生薬には、黄ごん(おうごん)、白朮(びゃくじゅつ)、滑石(かっせき)などが排尿、利水作用があります。

 

腸の働きを活性化させる便秘解消効果

防風通聖散は、便秘解消を実感する方も多くいます。今まで1週間に1回程度だったのが、1日に2回、3回に増えたという方も珍しくありません。通便作用のある生薬は、芒硝(ぼうしょう)、大黄(だいおう)などがあります。

 

ニキビ(ふきでもの)などの肌荒れ改善効果

ニキビなどの吹き出物は、太ると出てきやすくなります。そんな吹き出物対策として、生薬が効いてきます。連翹(れんぎょう)、桔梗(ききょう)などがあります。

 

蓄膿症(副鼻腔炎)改善効果

蓄膿症の改善効果のある生薬も含まれています。連翹(れんぎょう)、桔梗(ききょう)、甘草(かんぞう)といったものも含まれています。

 

防風通聖散は副作用もチェック

防風通聖散は、効果がある反面、副作用にも気をつけなればなりません。特に、処方量の多いもの(満量処方)のものは、効き目が強すぎることもあるため、一読しておく必要があるでしょう。
>>防風通聖散の副作用はここで詳しく解説しています。

 

葛の花由来イソフラボンの効果は?

葛の花由来イソフラボンには、お腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲の径を減らすのを助ける機能があります。

 

防風通聖散とシボヘールのどちらを選ぶ?

シボヘールと防風通聖散の選び方

防風通聖散とシボヘールのどちらを使うべきか迷うこともあるのではないでしょうか。ただ、答えは非常にシンプルです。なぜなら、医薬品は、治療目的なので、治療目的から外れた使用はすべきではないからです。

 

ここでは、最初に防風通聖散を選んだ方が良い人、次にシボヘールを選ぶべき人の順でご紹介します。

 

防風通聖散は、医薬品のため、全ての方に向いているとは限りません。防風通聖散が向いている方は、以下の「服用できます」となった方です。

防風通聖散に該当する方

防風通聖散を確認票

出典元:厚生労働省

この結果から、防風通聖散が服用できる方は、防風通聖散がおすすめです。また、それ以外の方は、シボヘールがおすすめです。

服用できますの方⇒防風通聖散がおすすめです。

以下に該当した方⇒シボヘールがおすすめです。
・服用できません
・薬剤師または登録販売者に相談してください。
・服用はおすすめできません。
・この漢方薬はあなたの体質・症状にあわないものかもしれませんが、あなたの意志により服用可能です。

1.防風通聖散がおすすめの方

防風通聖散がおすすめの方は、どの防風通聖散を選べば良いのか迷うこともあるのではないでしょうか。例えば、CMでも有名なナイシトール、コッコアポ、新・ロート防風通聖散錠満量はドラッグストアで購入もできます。

 

医療用と同じクラスのものは?

CMでも有名なナイシトールZ(小林製薬)は、肥満症の治療でも使われるツムラ62医療用と同じ満量処方です。コッコアポEXは5分の3処方なので、ナイシトールZはかなり効き目が強いことが分ります。

 

ナイシトールには3種類(ナイシトール85、G、Z)があります。

 

そのため、価格は高くなります。販売店は、ドラッグストアやドンキ、楽天、アマゾンで買うことができます。

コスパが良いものは?

最近は、医療用のツムラ62と同じ満量処方で、コスパの良いものがあります。ただ、その防風通聖散は、ドラッグストアや薬局、量販店では販売されていません。国内最大の調剤薬局が販売しているネット通販限定です。芸能人も使っている人が多いようですが、具体的な商品内容は、コチラで解説してます。

 

また、各メーカーの防風通聖散のコスパ比較は、購入前にチェックしておいてくださいね♪

2.シボヘールがおすすめの方

防風通聖散は、医薬品のため、やはり価格面であったり副作用が気になる方もいるのではないでしょうか。

 

そういった方も、シボヘールがおすすめです。シボヘールは、医薬品ではありませんが、通常のダイエットサプリと異なり、機能性表示食品です。

機能性表示食品とは?
「機能性表示食品」は、事業者の責任で、科学的根拠を基に商品パッケージに 機能性を表示するものとして、消費者庁に届け出られた食品です。
出典元:消費者庁

このように、科学的根拠に基づいているため、一般のサプリより信頼性はぐっと高いものです。また、シボヘールを選ぶメリットは幾つかあります。

 

副作用の心配がない

ナイシトールは、医薬品なので、どうしても副作用がおこる可能性もゼロではありません。ですので、副作用が気になる方は、サプリメントであるシボヘールがおすすめです。特に、初めて飲む方は、どちらか迷った時は、まずは効き目の優しい方を試してみてから防風通聖散のような強い方に変えていった方が良いでしょう。

 

科学的根拠もある

ダイエットサプリは、コンビニやドラッグストアなどで数多くありますが、機能性表示食品のものは数多くあるわけではありません。つまり、ダイエットサプリの中でも珍しい部類に該当するサプリなんです。

 

以下は、葛の花由来イソフラボンの脂肪減少データです。
BMIが25〜30の肥満気味な97名を対象に、葛の花由来イソフラボン配合品とプラセボ(非配合品)のいずれかを12週間摂取させ実施したヒト試験の結果です。)

シボヘールの主成分の効果

 

また、お腹周りの脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)が減少していることが分ります。

シボヘールの主成分の効果2

 

価格が安い

シボヘールがおすすめなポイントの1つは圧倒的な価格の安さです。数あるダイエットサプリの中でもかなり金額が抑えられています。また、防風通聖散の例としてナイシトールの価格と比較してみると、以下の通り、値段が2倍くらい違うわけです。

対象 価格 商品
シボヘール 1日当たり93円 シボヘール(2,808円)
ナイシトール 1日当たり267円 ナイシトールZ 420錠(7,500円)

 

お得なキャンペーン中!

シボヘールは、お得なキャンペーンもやっています。防風通聖散を買うか迷っている方は、まずはシボヘールから始めるというのも一つの選択肢ですよ。キャンペーンは見逃さないでくださいね!

 

もちろん、980円という特価なので、お試しで買ってみるのも十分ありですよ♪

初回限定の特価

初回限定で、980円で1カ月分を試すことが出来ます。かなりお買得ですよね。しかも一般のダイエットサプリと違って、機能性表示食品です。科学的な根拠もあるので、効果は信頼できます。

 

1日たったの93円ポッキリ♪

どうしてもお金が掛けられない。安く済ませたいといった場合に、1日93円はとっても安いです。機能性表示食品の中でも、ここまで低価格なダイエットサプリはほぼないといっても良いのではないでしょうか。もちろん、防風通聖散が高いという方にもおすすめです。

 

いつでも変更・停止ができる!

定期便の多くは、解約に3ヵ月以上の継続などの条件が付きますが、このシボヘールは、全くありません。効果が実感できないと思ったら、停止も簡単にできます。だから、リスクは全くなしで飲むことが出来ますよね。また、副作用の心配がない点も一押しです。

シボヘール公式

公式サイト

http://www.shiboheru.diet/

page top